財産を失ってしまう

持ち家や車などの財産を残したまま自己破産をすることはできません。
※99万円以下の財産は残すことができます。
(現金・家財道具・仕事道具・資産価値が低いもの)
それ以外の財産というものは借金の返済に充てられると考えておきましょう。
特に財産と呼べるものがないという人にとってはそこまでデメリットとなりませんが、
基本的には最低限の生活をしていくのに必要なものしか残せないということになります。

 

連帯保証人がいる場合に巻き添えにしてしまう

もし借金に連帯保証人がいる場合、自己破産をすることで借金の返済責任は
連帯保証人になってくれている人に移ることになります。
基本的に借金の保証人になってくれる人というのは身近であなたのことを信用して
保証人になってくれているわけですのでそういった人の信用を裏切る形になってしまいます。
これは人間関係も考えると大きなデメリットと言っていいでしょう。

 

自己破産の手続きから免責の決定まで一部の職業に就けない

自己破産の手続きを開始すると免責事由の決定までの数か月間、制限される職業があります。
例をあげるなら弁護士や司法書士、税理士、宅地建物取引業者、古物商などの職業です。
基本的にはこれらの職業に就いている方は高収入である場合がほとんどですし、
制限される期間というのも数か月間だけですのでそこまで大きなデメリットではないでしょう。

 

以上、自己破産におけるデメリットを紹介しました。
どのデメリットにおいても共通して言えることですが、自己破産をした場合の
最大のデメリットというのは人としての社会的な信用を大きく失ってしまうこととまとめることができます。

 

今すぐに1万円が必要な時の錬金術